ウェブ=生き物!?

05.13

こんちにちは、リッチローカルです。

先日とある印刷業界の担当者様とお話しする機会がございました。

内容は「新たなコンテンツを企画・商品化したが思うように問い合わせがない=売り上げが上がらない」というもので多くの方が悩まされている事案ではないでしょうか。

すでに多くの方の意見を聞かれており改善点が見えつつあるようで、これからどの様に変化していくのか楽しみです。

予想通りにいかないのが普通

先日の会話でこの様なやり取りがありました。

「マスターツールを導入して解析は行っていますか?」

「はい。解析、とまではいかず認識程度ですがアクセス数やランディングなど簡単な個所は確認できるようになっています。ただ現状はまだコンテンツを練り直して充実させてから解析、解決をしていきたいと思っています。」

担当者様は現段階はコンテンツの充実・修正に注力すべきとの判断でした。

私にも何が100%正解かは分かりませんので楽しみにしているのですが、一つ落とし穴があるなと思いました。

それは時間(売上)です。

制作を担当したことのある方は分かると思います。時間や予算が許すのであれば作品のクオリティはいくらでも上げれますが、やはりそうはいかず決められた時間・予算の中で制作を行います。

本件もその考えを適用すればまずは解析だと思います。

ランディングキーワード離脱率直帰率滞在時間うんぬん沢山検討事項がありますので、それを元にどんどん構築修正を行っていかないと早期コンバージョンにつながりませんし、コンテンツ充実ありきで考えてしまうと後に修正しなくてはならない、もしくは市場に受け入れられなかった場合コンバージョンまでいつまでたっても到達できない恐れがあります。

自分の考えで失敗するのならユーザーに身を委ね答えを教えてもらった方が早い、私はそう考えています。

ただし!私のセオリーであって予想通りにいかないことももちろんありますので「面白い」と思ってしまいます。

奥が深く様変わりするスピードも速い。生き物みたいじゃありませんか?

※関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良)でHP制作をご要望の方はリッチローカルへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

HP制作、SEO対策、AR(拡張現実)のリッチローカル
HP制作、SEO対策、AR(拡張現実)のリッチローカル

専用サイト

HP制作、SEO対策、AR(拡張現実)のリッチローカル
HP制作、SEO対策、AR(拡張現実)のリッチローカル

ページ上部へ戻る